施設案内

院長挨拶

ごあいさつ


東京都立東部療育センター
院長 加我 牧子

当センターは東京都区部東側地域の障害児、特に重症心身障害児(者)のための医療と療育を提供する中核的施設として東京都によって設立されました。平成17年12月に開設されて以来、東京都から指定管理者として指定を受けた社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会が運営を行っています。

当センターは「最も弱いものをひとりももれなく守る」という全国重症心身障害児(者)を守る会の基本原則を理念として、重症心身障害のある方々のうち、特に手厚い医療・介護を必要とする超(準超)重症心身障害児(者)を病棟に積極的に受け入れ専門的な医療はもとより、院内外での暮らしを実りあるものにすべく療育サービスに力を入れています。

ご家庭ですごしていらっしゃる方々のためには、成人と乳幼児それぞれのために通所療育を行っており、短期入所事業にも力を入れています。外来にもさまざまな障害をお持ちの患者さんがお越しになり、センターのスタッフ一同は、障害をもつ方々の命を守るだけでなく、利用者の皆様に生きていて良かったと思っていただけるよう医療・療育を考え、各部門一致協力して実践するように日々努めております。

多くの皆様のご支援とお力添えを賜りますようよろしくお願い致します。

上 へ 下 へ