ご利用案内

通所のご紹介

目的

東京都立東部療育センターの通所は「東京都重症心身障害児(者)通所事業実施要綱」に基づくもので、在宅の重症心身障害児(者)が日常的な健康管理、生活動作の確保、運動機能の維持・向上及び豊かな生活と福祉の増進を図ることを目的とします。

対象となる方

  1. 原則として東部地区(江東区、江戸川区、中央区、墨田区)にお住まいの重症心身障害児(者)の方でセンターに通所可能な方。
  2. 成人の生活介護では、特別支援学校卒業者または18歳以上で在宅の重症心身障害者です。
  3. 児童発達支援センターの対象児は、就学前の児童で、在宅の重症心身障害児です。
  4. 成人・児童とも、医療的に重度で常時濃厚な医療的ケアが必要な児または者が対象です。

規模

1日35名です。

理念

「最も弱い者をひとりももれなく守る」を基本理念に、どのような状況であっても、一人ひとりの健康状態を保つよう努力し、また 利用者の人間としての尊厳を守り、その人らしさを求めながら、療育サービスの質的向上を目指し続けることを理念とします。

通所をご希望の方

平成24年度から法改正に伴い、当センターの重症心身障害児(者)の通所は、児童では医療型児童発達支援センター、成人は生活介護施設に変更しました。実施自体も東京都から居住区の市区町村になりました。お問い合わせは、地域療育支援室と相談後に各区の障害福祉課への連絡が必要となります。

※お問合せのお電話は 03-5632-8088 : 地域療育支援室です。

通所担当の医療ソーシャルワーカーにご連絡ください。

上 へ 下 へ